千葉での葬儀、包む金額と相場について

千葉での通夜や葬儀の時持参する香典にも一応相場があります。

故人との関係により相場も決まっていますが、年齢によってもある程度相場が決まります。

・香典の相場について

香典の相場は、故人との関係や年齢でも変わってきます。

例えば両親、兄弟、叔父や叔母、祖父母など近い人の場合は、20代では1万円~5万円、30代と40代では5万円~10万円のように、年齢により相場が変わります。

会社の上司や同僚の場合は、20代は5千円、30代と40代は5千円~1万円となります。

知人や友人、ご近所の場合はあまり年齢は関係なく、3千円から5千円、親しい人なら1万円というようになっています。

▼Check!→香典っていくら包めばいいの? 改めて勉強したい日本のお葬式 | ダ・ヴィンチニュース

あくまでも相場ですが、これより少なすぎるのも多すぎるのも、良い事ではありませんので、無難なところで決めておきましょう。

・香典が出せない時

急な事が多いため、例えば今すぐ香典に出す持ち合わせがない事もあります。

生活が苦しい、お祝いごとが続きご祝儀貧乏になっている時などは、香典をどうしていいかわかりません。

しかし無視するわけにはいきませんから、すぐには無理の場合は後日千葉へ郵送する事もできます。

ただし出来るだけ早く郵送しましょう。

誰かに借りるという事もできますが、借りても返さなければいけませんから無理をせず、後日郵送が無難です。

・まとめ

香典はピン札はNGとなるため、折り目やシワがあっても問題ありません。

むしろピン札では用意していた事が、葬儀を待っていたように受け取られるので注意しましょう。