千葉でのプロテスタントの葬儀について

葬儀は宗教上の教えに基づきおこなわれます。

千葉でプロテスタントの葬儀に参列するときの心得を紹介します。

・プロテスタントの葬儀

プロテスタントはキリスト教の一種ですが、カトリックとも少し違います。

カトリックでは葬儀そのものを重視しますが、プロテスタントでは故人を尊重する葬儀を行います。

比較的自由度が高く、プロテスタント形式といってもあまり固執せず、意外な程シンプルな葬儀になる事も少なくありません。

葬儀は教会でおこなわれますが、その時に歌う賛美歌や聖書の朗読も、故人が好きだった歌や愛唱聖書個所の朗読をします。

・一般的な葬儀との違い

一般的な千葉の葬儀との一番の違いは葬儀を行う場所が教会というところです。

弔電や弔辞を読むというより、故人の思い出話しをして弔います。

焼香はせずに献花を行いますが、葬儀を進行するのは牧師、歌は賛美歌と呼びます。

神父と聖歌はカトリックになるので、言い間違えないよう注意が必要です。

プロテスタントの葬儀でも香典は持参しますが、表書きがわからない場合は御霊前でもOKですが、プロテスタントでは御花料とするのが一般的です。

相場は一般的な香典とほぼ同じです。

ただし水引がついた香典袋よりも、百合の花や十字架が描かれた熨斗袋か、白無地の封筒に入れたほうがいいかもしれません。

・まとめ

着用するのは喪服です。

賛美歌に関してはよくわからない事も多いため、無理に歌う必要はなく、黙って聞いているだけでも大丈夫です。

事前に歌詞が書かれた用紙が配られる場合は、静かに歌うのがマナーです。