千葉の葬儀後に行う初七日とは?

千葉で葬儀が済んだらそれで終わりではありません。

その後も何度か法要がありますが、最初に迎えるのが初七日です。

・初七日とは?

初七日というのは亡くなってから七日目の事です。

ただし現在は千葉での葬儀に参列する人が遠方の事も多いため、葬儀当日に初七日法要を一緒に済ませる事が多くなっています。

遠方の親族がいない場合は、七日目に親族が集まります。

初七日法要については、遺族が判断して決める事になります。

絶対にこうでなければいけないという事はなく、親族と相談して決めることが多いです。

遠方の親族がいない場合でも、諸事情で葬儀当日に初七日法要を兼ねる事も可能です。

・初七日の法要にやる事

初七日には精進落としをします。

仏教の教えでは葬儀が済んでから七日間は精進料理を食べるのがしきたりです。

七日目に忌明けの食事をしますが、初七日の法要は親族が集まり会食をします。

仕出し弁当などを用意して、故人の思い出話をするなど、僧侶や葬儀に参列してくれた人をねぎらう意味もあります。

・まとめ

僧侶を接待する場合、遺族は下座に座ります。

お寺と付き合いが深い場合は初七日に僧侶を招待しますが、たいていは親族だけが集まり、僧侶にはお布施という形で渡します。

その後四十九日の法要もありますから、初七日の法要、もしくは葬儀の時に四十九日法要の事も話しておきます。

亡くなってから約1週間過ぎているため、遺族の悲しみは残っているものの、だいぶ気持ちが落ち着き、和やかな食事の場となります。