千葉の葬儀後、特に重要となる四十九日とは?

仏教では死者は七日ごとに七回、裁判が行われ四十九日目にようやくあの世に行けるとされています。

千葉での葬儀後もいくつかの法要がありますが、四十九日の法要は特に重要と考えられています。

・四十九日法要

初七日は諸事情で葬儀当日に兼ねる事もできますが、四十九日法要は日を改めてきちんと行います。

僧侶を招き読経をあげたり、自宅で行う以外は式場の手配をしたりなども必要です。

親族には事前に予定を聞いておきますが、案内状も事前に手配しておきます。

四十九日には位牌も白木位牌から、本位牌に変わります。

仏壇は開眼法要をしますので、事前に戒名の手続きなども必要です。

・用意するもの

四十九日の法要には僧侶にお布施を渡します。

僧侶が食事に同席する場合はお車代として、5千円~1万円を用意しておきますが、お布施は別に3万円~5万円用意します。

食事に同席しない場合は、お膳料として5千円~1万円用意します。

僧侶へのお布施は意外とお金が掛かります。

・まとめ

お寺との付き合いにもよりますが、よほど深い付き合いがない限り僧侶は会食前に退場します。

法要が終わったら親族だけが残り、会食となるのが一般的です。

会食用の食事は一人3千円~1万円程度、引き出物は3,000円程度が相場です。

会場で行う場合は会場使用料などがかかるため、千葉の自宅で行う事もできます。

この場合は自宅に四十九日法要の仕出し弁当などを注文しておけば、予算に合わせて料理を見繕ってもらえます。

大勢の場合は難しくなりますが、親族だけなら自宅で行うのが一般的です。